人気ブログランキング | 話題のタグを見る

バリ島の旅 2




バリ島の旅 2_e0273524_11433683.jpg




この旅の目的は二つありました。
一つはこれから描く絵の取材、
もう一つはバリに住む世界的に有名なヒーラーに会う事です。
それは奇しくもウルトラスーパームーンの日でした。

アポイントメントは午後4時半。
それまではウブドの中心街を歩く事にしました。
道沿いにある寺院を訪ね土産物屋を冷やかしながら、
ゆったりとした時間を過ごしました。

途中サンダル専門店に立ち寄りました。
昨夜買い出しに行ったショッピングセンターより値が安かったので、
思わず買ってしまいました。
今履いているものはもう十年以上使っているので、
そろそろ替え時と後で自分に言い訳をしました。

その後街の外れにある峡谷に行きました。
ここには大変威厳のある寺院が谷の横にあるのですが、
以前はそこに通じる道が分からず、
行くのを諦めた思い出があります。
今回偶然にその道を発見しました。

喜んで谷へ下りて行き膝まで川に入り、
しばしの涼を楽しみました。
そして寺院へ向かって歩き出すと、
足が滑り右のサンダルの緒が外れてしまいました。
一瞬不吉な考えが頭をよぎりました。

ただ緒が外れただけなのですぐに直るだろうと思ったのですが、
その場ではなかなか上手く直せません。
足場の良い所で落ち着いて直そうと、
片足裸足のまま注意深く歩き出すと、
今度は左の緒が外れてしまいました。

そこで突然不思議な感覚に襲われました。
ついさっき考えもなくサンダルを買い、
以前は行けなかった寺院へ行く事ができ、
そこで古いサンダルの緒が両方外れ、
私は今ここにいる。





バリ島の旅 2_e0273524_11440892.jpg




アポを取ったヒーラーの家は隣村にあります。
歩けばおそらく1時間程で行けるのでしょうが、
宿の人が安く送り迎えしてくれると言うので、
朝食の時に予約しておきました。

もしも遅れるといけないので念の為に40分前に宿を出ました。
宿の人はそこならよく知っていると言っていました。
しかし車は明らかに逆方向へ走って行きます。
本当に知っているのかと聞いても知ってるとしか言いません。

地図を見せるとその地図を南北ひっくり返しにして、
ほらちゃんと合ってるなどと澄ましています。
こちらの人達は普段地図など見ないのかもしれません。
そう言えば空港タクシーの運転手に宿の詳細な地図を渡しても、
一切見ようとせずに仲間に電話で聞いていました。

時間はどんどん迫っています。
私は地図ではダメだと思い村の名前や通りの名前を言うと、
初めて間違いに気づき慌ててUターンを始めました。
これでなんとかなると安心しました。

私は地図を見ながら交差点やカーブを一つ一つ確認します。
大丈夫だ間違いないと安心していたその時、
車は突然左に曲がりました。
そこにはあるはずの道がありません。
これは一体どうした事か。

それからはその周辺を行ったり来たり。
お店や道を歩く人に名前を聞いても地図を見せても、
誰もそのヒーラーの家を知りません。
時間はあと3分に迫っていました。

私は思う所あり運転手にここで待てと言い車から飛び出しました。
そして道がなくなっていた場所へ行くと、
そこは森と川を通り抜ける細い道で、
しかも工事中で入り口がブロックと土砂で塞がれていました。

私は土砂を乗り越えその道を進み、
工事の人や道沿いの家の人に尋ねましたがやはり誰も知りません。
しかし私は確信し森の中をどんどん進みました。
すると森の向こうにこの辺りにはない西洋風の建物を見つけました。
玄関には"Light Spirit"の文字。
約束の時間から3分が過ぎていました。

玄関で声を掛けましたが反応がありません。
私は道に回り外から二階の窓に向けて大声で叫びました。
「ハロー、パトリシャス!」
カーテンの向こうに彼が姿を現しました。

パトリシャスはオーストリア人。
長くヨーローッパを拠点に活動していたヒーラーです。
会うととても透明感のある謙虚で静かな人でした。
色々と話をするうちにその人柄にすっかり魅了されました。

さて宿の人はなぜ最初逆方向へ走ってしまったのでしょうか。
私は"Light Spirit"へ行きたいと言ったのですが、
彼はそれを"rice field"と勘違いした事が後で解りました。
この近くには有名な棚田の観光地があります。
笑い話とはこの事です。

その夜は68年振りのウルトラスーパームーン。
宿のベランダから北の空に高く上がる月を楽しみました。
隣の寺院からはガムランの生演奏が流れて来ます。
その演奏は夜の10時過ぎまで続きました。





バリ島の旅 2_e0273524_11444455.jpg









by farnorthernforest | 2016-11-24 21:45 | 旅の事

制作や旅や登山についてなど。


by 山下康一