人気ブログランキング | 話題のタグを見る

新しい森の概念




新しい森の概念_e0273524_13551799.jpg






私の大学の専攻は美術ではなく生態学でした。
それは子供の頃から自然が好きだったからです。
私が学んだその頃の森の生態系の構造と概念は、
高い木、低い木、下草、土の中には菌類やバクテリア。
それらが「生存競争」と「相互依存」をしながら、
それぞれが最も相応しい位置に納まっている、
そんなイメージでした。
今回ご紹介したいのは、
そんな今までの生態学の概念をひっくり返す研究成果です。

森は単なる木々の集まりではなく、
ハブ(中心)とネットワークを持つ複雑なシステムなのだそうです。
森の木々は根と菌糸を使って物質を交換し合い、
会話をしているそうです。
例えば小さい木や日陰の木には栄養を送って育てている。
同種間だけではなく異種間でもです。
これは放射性同位体の追跡で明らかになったそうです。

そのネットワークのハブはその森の巨木、
つまりマザー・ツリーです。
そのマザー・ツリーは自分の知恵を若い木に渡しているそうです。
そして人間がマザー・ツリーを切り倒すと、
その森の知恵が突然失われその森は衰退するそうです。
昔日本で森の巨木を切り倒す時に一定期間「御神木」として祀ったのは、
森にとって「森の知恵」を引き継ぐための重要な役割をしていたかも知れません。

以前生態学から発展して、
地球は一つの生命体という概念が流行りました。
逆に言うとそれまでは、
地球という星の上に様々な生命がいて、
競争と淘汰を経て「適者生存」で生きている、
その程度の認識しか出来なかったからですが、
それは自我が一つ一つの生命を個別にしか認識出来ないからです。

私の仕事(絵)はやはりここに関わる事、
思考や感情とそこから作られる自我(自己意識)の扱いについてだと、
こに動画を観て改めて思いました。
話の続きはこちらをご覧下さい。
日本語字幕設定が出来ます。




















by farnorthernforest | 2023-03-11 14:47 | 日々の事について

制作や旅や登山についてなど。


by 山下康一