人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ユーミンの曲




ユーミンの曲_e0273524_15063743.jpg








先日長距離のドライブをしながら、
久し振りにユーミンの曲を聴きました。
最近の事はわかりませんが、
ユーミンは以前毎年一枚アルバムを発表していて、
それが私の高校時代から三十代半ばに重なる事から、
当時を思い出す縁になっています。

当時は毎週日曜日にFMで番組をされていて、
確か「恋愛の教祖」、
あるいは似た様な言葉で呼ばれていたと記憶します。
今改めて聴いてみると、
女性の心の機微が見事に表現されていると感じます。

今でも記憶しているのはユーミンがラジオで語った、
「誰もが経験する様な事(恋愛)よりも、
特殊な事の方が共感を呼ぶ」です。
その真意は解りませんが、
私には経験のないストーリーの曲でも、
とても心に染み入るのを感じます。



人工知能研究者の黒川伊保子さんはラジオ番組で、
「恋愛とは自分が持たない免疫遺伝子を求める事」
と定義されていました。
自分の子孫を確実に残すために、
自分が持つ免疫遺伝子に加えて、
自分が持たない免疫遺伝子を子の中に取り入れる事で、
自然界での生き残りを有利にする事、
それが「発情」の意味だと。

「子はそれで良いかも知れないが、本人はどうなのか」
そう思う方も当然あるでしょう。
全ての生物はDNAの乗り物でしかなく、
自分のDNAを守る事(つまり乗り物であるこの身体を守る事)、
そして自分のDNAを子孫に繋ぐ事が最大の目的と言ったのは、
生物学者のリチャード・ドーキンスでした。
食料や財産と言った現実に存在する物だけでなく、
権利や名誉と言う様な実在のない物を守るのも、
全てこの延長線上にあります。

私は学生時代にこの人の本、
『The Selfish Gene - 利己的遺伝子』を読み衝撃を受けました。
そして自分のこの「意識、思考、感情」は何のためにあるのか、
ただDNAを残すためだけにあるのかと、
とても虚しい気持ちになりました。
だからと言って否定する事も出来ず、
あれから随分年月が流れました。



今年の2月に亡くなられた、
彫刻家の桑田弘雄さんにお会いしたのは2016年でした。
そして何度もお訪ねして話を伺いましたが、
その時こんな事を仰っていました。
「末期がんの宣告を受け、
手術を受けたが手の施し様がなくそのまま何もせずに終わった。
がんは痛いと言うがどんな痛みなのか、
その時自分はどうなるのか、
それを見るのが今からとても楽しみだ」と。

それは決して強がりでも何でもなく、
徹底的に見て観察する彫刻家の本能だったと思います。
著名人の中には大言壮語していても、
いざその時には狼狽し醜態を晒した話はかつて何度も読みました。
しかし桑田さんは最後まで穏やかでひたすら観察する人でした。

江戸城無血開城の立役者の一人山岡鉄舟は、
死の床でそろそろ行くと布団の上で皇居に向かって坐禅を組み、
弔問に訪れた人達は坐禅を組んだまま亡くなっている鉄舟を見て、
死んでいる事が信じられなかったと伝記にあります。
1888年の事です。

こう言う話は尾鰭が付く事が多いですが、
禅僧の中には坐禅を組んだまま亡くなる話は珍しくありません。
自分の「意識、思考、感情」が何なのかを徹底的に極めた人には、
そういう事が起こるのでしょう。
生きている時には生きている事しかなく、
死に行く時には死に行く今しかありません。



この世界には今しかありません。
過去や未来はどこにもなく、
それがあるのは自分の頭の中だけです。
そして自分の意識や思考や感情も、
視覚や聴覚や嗅覚等と同じ、
ヒトという生物種が進化の過程で獲得した機能でしかなく、
意識や思考や感情からくる「自分」という感覚も、
自らの命を守るのに有利だから作り出された幻です。

「そんなバカな話があるか」とお思いになるでしょう。
しかし意識も思考も感情も、
常に現実の一歩後から来る事実を一度でも見てしまえば、
何の不思議も疑問もありません。
そして驚くなかれこの事は科学でも証明されているのです。
後は納得出来るかどうか、
腑に落ちるかどうかです。

ユーミンの恋愛ストーリーにときめいていたあの頃の自分に、
こんな事を言っても通じたかどうかは解りません。
人は誰もがゼロから学んで成長し、
そしてそれを繰り返して来ました。
これからもそれを繰り返すでしょう。
それは良いとか悪いとか言うものではなく、
ただそういうものなのです。
ただそれだけの事なのです。



















by farnorthernforest | 2024-05-20 23:14 | 日々の事について

制作や旅や登山についてなど。


by 山下康一